昨日は久々に会った友達と渋谷、恵比寿で飲みました。最高に楽しかったです!

12524366_924832874302301_2701048848341489621_n
12417868_924832910968964_2778663694145781264_n

上:左から僕、たかし、エース。写真を撮ってくれたのは宮。


このメンツは地元の友達で、現在も続いている草野球チーム すすき野チョコレイツのメンバーでもあります。

昨日気づいたんですが、30年来の友達なんですよね、彼らって。


僕は小学校1年生から地元横浜市の剣山ファイターズという少年野球チームに入り、その後も横浜市立すすき野中学校野球部まで9年間、野球をしていました。

536214_477714495611046_1266499490_n

これは、すすき野中学校野球部3年時(1994年8月)の写真。2列目左から2番目が僕で、1列目中央で区大会優勝かな?の表彰状を持ってドヤ顔をカマしてるのがたかし君です。

エースは野球部よりも野球をガチでやるシニアチームで活躍(その後、強豪の平塚学園高校野球部へ)、宮は中学からバスケの道へ進みました。

ちなみに、これも昨日気づいたんですが、僕ら4人は横浜市立剣山小学校3年1組の角田先生のクラスメイトでした。意図したわけでもなく、偶然にもその4人が揃うって、確率凄くないですか(笑)?


だから僕にとって、地元の友達と言えば、野球チームの仲間なんですね。

なかには幼稚園が一緒のメンバーも結構いるので、現在36才の自分にとっては本当に30年来の友達なわけです。


で、僕は20代の頃にその仲間達ともう一度野球がしたいと思い、草野球チームをつくることにしました。そのブログがこちら。

すすき野チョコレイツ
http://ameblo.jp/s-chocolates/


o102410241357176414543


これを昨日改めて見てみたら、サブタイトルは「それはある草野球チームの物語 Since 2006」となっているから、2006年、26歳のときに創立していたわけです。

つまり、今年2016年はすすき野チョコレイツ創立10周年にあたるということ(これも昨日気づきました)。


とは言え、僕はワクワクしながらチームをつくったものの、その後に起業したり、元来の飽きっぽい性格もあって、ガッツリ活動していたのは最初の数年で、あとは仲間に任せたまま、投げっぱなしでした。

これも「お前が言うな」って話ですが、草野球チームって存続するの大変なんですよ。どこも人数不足だったり、人間関係がこじれたりして。

実際に、チョコレイツもいろいろあった時期がありましたが(代表の僕は仕事しないし)、野球を心から愛しているみんなが頑張ってくれて、友達経由でメンバーを招集したりして、なんとか10周年を迎えられたというわけです。


本当にありがたい限りです。みんなには感謝の念しかありません。

いつも変わらず「来い、来い」と、良い意味でしつこく声をかけてくれる宮にも改めて感謝。

昔話をしながら飲める仲間がいて、そのみんなが集まるチームが存在するのは、僕にとっていつでも帰る場所があるようで安心します。

ありがとうね。また飲もう!(「いや、野球来いよ」というツッコミが入りそうだけど・・・)


こちらもぜひ見てみてください!

note版 『流しの仕事術』
https://note.mu/dbooks/n/n2ebd673b9c98 


※「まえがき」~「奥義01」まで無料公開しています。

表紙



 <END>
 

ライティング依頼(書籍、雑誌、WEB)、大歓迎です!
ライターとしての実績などは、上記をクリックしてご覧ください。


廣田喜昭の自己紹介ページはこちらです。
hirota@daikanyamabooks.com/代官山ブックス 廣田喜昭


WEBマガジン「特技でメシを食う」はじめました!

無料で読めるのでこちらからどうぞ。インタビューものです。

サロンはスタッフ育成で99%決まる
サロンはスタッフ育成で99%決まる

榎戸淳一
代官山ブックス
2013-10-28


流しの仕事術
流しの仕事術

パリなかやま
代官山ブックス
2014-10-20

 
Kindle版 『流しの仕事術
流しの仕事術

パリなかやま
代官山ブックス
2016-02-24


note版 『流しの仕事術』
https://note.mu/dbooks/n/n2ebd673b9c98