最近、私は「朝カフェ」にハマっている。

朝カフェとは文字通り、朝、カフェに、行くこと、である。


そんな僕に全く似合わないオシャなものにハマったのは、全くオシャではない理由からだ。


朝日を浴びるため
、である。


僕は自営業者で、在宅ワーカーのため、放っておけば1日中家で原稿を書いている。

忙しいときは数日間、日中は家を出ないなんてこともザラにある(夜は飲みに行ったりするが)。


仕事がたくさんあるのはありがたいのだが、

これが続くと、精神的に結構キツかったりする。


そんなことを考えているときに、あるネット記事を読んだ。

そこには「うつ病にならないためにすべき3つのこと」みたいな“あるある”が書いてあった。


その1つが朝日を浴びること、だったのである。


とはいえ、出る必要もないのに、朝起きて、 歯を磨いて、寝癖を直して、服を着て、外に出る、という行為は結構面倒くさかったりする。

サラリーマン時代には当たり前にやっていたことなのだが。


で、思いついたのが朝カッフェである。 

おいしいものを食べるというご褒美があれば、ワクワクして外に出るだろうという浅はかな作戦である。


しかし、これが今のところドンピシャに当たっている。

偶然、朝カッフェ作戦を思い立った数日前にCROSSROAD BAKERYなるオシャカフェが近所にできたことも幸いした。オープンは朝の8時である。


今では、「明日は何のパンを食べようかな」とワクワクしながら寝るぐらい朝カッフェ好きになっている。

ちなみに今日は、「はちみつバターフランス」なるパンをいただいた。それとコーヒーでしめて650円ぐらいなり。

14718627_1099704336745389_2286497717154267797_n


駅前のサンマルクカフェやドトールに行けばもっと安上がりなのだろうが、遠いと面倒くさくて行かなくなるし、何よりも僕は混んでいて、隣の人と距離が近いという空間に耐えられない性分だ。

CROSSROAD BAKERYは、近い、パンがおいしい、コーヒーもおいしくて量たっぷり、広々してる、店員さんもいい、という5拍子が揃っていて素晴らしい。


飽き性の僕がいつまで続くかわからないが、そんなわけで今の僕は朝カッフェに夢中なのである。


ちなみに、朝カッフェをしてから仕事の能率は格段に上がったし、毎日気分もスッキリしている。

自営業者や在宅ワーカーの方には是非、夜の外飲みよりも、朝カッフェをオススメしたい。


※読み放題対象です(Kindle Unlimited)。ぜひご覧ください!

Kindle版 『流しの仕事術
流しの仕事術

パリなかやま
代官山ブックス
2016-02-24



<END>

廣田喜昭の自己紹介ページはこちらです。
hirota@daikanyamabooks.com/代官山ブックス 廣田喜昭


ライティング依頼(書籍、雑誌、WEB)、大歓迎です!
ライターとしての実績などは、上記をクリックしてご覧ください。


WEBマガジン「特技でメシを食う」はじめました!

無料で読めるのでこちらからどうぞ。インタビューものです。

サロンはスタッフ育成で99%決まる
サロンはスタッフ育成で99%決まる

榎戸淳一
代官山ブックス
2013-10-28


流しの仕事術
流しの仕事術

パリなかやま
代官山ブックス
2014-10-20

 
Kindle版 『流しの仕事術
流しの仕事術

パリなかやま
代官山ブックス
2016-02-24


note版 『流しの仕事術』
https://note.mu/dbooks/n/n2ebd673b9c98