朝酒である。

いかにもフリーランスっぽいこの響き。

魅力的な響きとともに、罪悪感が同居するこの言葉。


初めて今朝やってみたのである。場所はここである。

たつや
https://tabelog.com/tokyo/A1303/A130302/13113927/



夜には何度か行ったことがある創業ン十年(昭和51年からやってるらしい)の老舗居酒屋だ。


朝起きてプラプラ散歩して、何か今日ビール飲みたいと思っておもむろに向かい、

S__19685385
ビール(いわゆる大ジョッキ) 750円
S__19685386
かしら2本、ぎんなん2本(各190円、2本~)
S__19685393
焼き方さん
S__19685392
黒ホッピー 470円
S__19685394
名物ガツ刺し 390円?


あと、春キャベツまで頼んで計2,700円程度。

勤め人が行き交う恵比寿駅前で「僕は何をやってるんだろう・・・」と思いながらの初体験である。

正直、罪悪感のほうが大きくて、楽しめる域に達するのはあと30年ぐらいかかりそう。


朝8時50分頃行ったところ、店内には1人客(おじさんが僕含めて3名)、4人の若い男性陣、2人のカップル、最後に2人の男性が入ってきた。朝から結構賑わってるのである。



みなさんも是非一度やってみてください(やらないと思いますが)。


<END>

廣田喜昭の自己紹介ページはこちらです。
hirota@daikanyamabooks.com/代官山ブックス 廣田喜昭


ライティング依頼(書籍、雑誌、WEB)、大歓迎です!
ライターとしての実績などは、上記をクリックしてご覧ください。


WEBマガジン「特技でメシを食う」はじめました!

無料で読めるのでこちらからどうぞ。インタビューものです。

サロンはスタッフ育成で99%決まる
サロンはスタッフ育成で99%決まる

榎戸淳一
代官山ブックス
2013-10-28


流しの仕事術
流しの仕事術

パリなかやま
代官山ブックス
2014-10-20

 
Kindle版 『流しの仕事術
流しの仕事術

パリなかやま
代官山ブックス
2016-02-24


note版 『流しの仕事術』
https://note.mu/dbooks/n/n2ebd673b9c98