代官山ブックス イメージ画像

出版

大事に少しずつ読んでいる『職業としての小説家』。読み終わってもきっと何度もずっと読み続ける本になると思う。まだ読書の途中(p.200ぐらい)だが、今の段階での感想を書いておく。自分が忘れないように。これは「書評」などという偉そうなものではなく、あくまで「感想文
『<途中で読書感想文> 村上春樹さんの『職業としての小説家』』の画像

村上春樹氏の新著『職業としての小説家』が9月10日から発売されるらしい。アマゾンを見たところ、予約の段階で既にベストセラー1位になっていた。職業としての小説家 (Switch library) [単行本]村上春樹スイッチパブリッシング2015-09-10私も絶対に買う。目次を見ても非常に
『村上春樹氏の新著、紀伊國屋が9割買い取り販売について考える』の画像

私は出版業とともに、ライターをしている。大変ありがたいことに、書籍(いわゆるゴーストライター)・雑誌・WEBの3つの媒体で執筆の仕事をさせていただいている。よくライター仲間や友人から聞かれるのが、で、どれが一番いいの(儲かるの)?ということなのだが、 それが一
『ライターは書籍・雑誌・WEB、どの媒体が一番書きやすく、おいしいか?問題』の画像

↑このページのトップヘ